エコーウィンターセミナー

第20回エコーウィンターセミナー

2018年2月10日(土)~11日(日)

当番幹事 高橋 健

順天堂医科大学

後援:日本心エコー図学会

安河内 聰先生

安河内 聰 先生

エコーウィンターセミナー幹事

代表幹事
安河内 聰
幹事
赤石 芦原 京美 岩瀬 正嗣 高橋 健 高野 真澄 瀧聞 浄宏 武井 康悦 田中 信大 富松 宏文 那須 雅孝 村田 光繁     
特別顧問
別府 慎太郎 山口 徹
顧問
石藏 文信 大滝 英二 佐伯 文彦 赤土 正洋

代表幹事のごあいさつ

今回から岩瀬先生のあとを次いでこのセミナーの代表幹事として指名されました長野県立こども病院循環器センターの 安河内 聰 といいます。
エコーウインターセミナーは、岩瀬正嗣先生(元藤田保健衛生大学)と石蔵文信先生(大阪大学)の2人の先生が、Mayo Clinic留学中に経験した楽しいエコーセミナーを日本でもできないかと相談して、1999年に長野県の奥志賀のスキー場で家族と共にスキーを楽しみながらしっかりとエコーの勉強もできる「エコーウインターセミナー」を立ち上げたのが始まりです。

始めた頃は、life-work balance の社会の理解がなかなか得がたい状況があったため(今でもそうですが)いろいろたいへんなこともあったそうです。
それでも、2泊3日スキーリゾートに泊まり込みで、朝夕のみっちりとした面白い講義の合間に、昼間家族とのスキーを楽しむというコンセプトで2005年まで新潟、長野のスキー場のホテルを転々としながら開催されてきました。(このときはもっぱら雪質で会場が選ばれていたそうです。)
参加者数は最先端のエコーの知識を、本当にわかりやすく講義してくれる講師の方々の魅力に惹かれて徐々に増えてきましたが、その一方でスキーブームの陰りから次第にスキー場での開催が難しくなり2006年からは軽井沢万平ホテルで1泊2日のコースで開催されるようになりました。 開催期間が1泊2日に縮小されたため、スタートした時のリゾートでの良く学び、良く遊ぶセミナーの良さはある程度弱まってしまいましたが、冬とはいえリゾートで有名でかつ交通の利便性がよい軽井沢での開催、しかもジョンレノンの定宿であった会場ホテルの雰囲気の良さから2014年まで、毎回100~130名の参加者を得て開催されてきました。
2014年からは経済的な理由から、長野県の松本市のホテルで開かれるようになり、内容も時代の要請に合わせて先天性心疾患(成人先天性心疾患を含む)と成人の心エコー(虚血と弁疾患など)が同時に学べるセミナーとしてup dateされました。
Up date後も, セミナーの内容と講師の魅力に惹かれ(?)多くの参加者に引き続き来ていただいていることを深く感謝しております。
一方向性のセミナーが多い中、このセミナーでは受講者から講師の「でき」についても評価され、受講者と講師が切磋琢磨して(堅苦しくなく、楽しみながら、はっとするような切り口から)双方向性に交流ができるという貴重なセミナーであると思います。
岩瀬前代表の言葉ではありませんが「日常とは別の空間で、心エコーの所見を語り合い、時には膝を交えて交流できるという雰囲気は、他のセミナーでは得られないものだ」と考えています。
このセミナーはこの趣旨に賛同していただける参加者がいることが基本です。 このセミナーの趣旨に賛同して参加していただける方がおられる限りは、「よく遊び、よく学べ、そしてよく語らえ」の方針でこのセミナーを続けて行きたいと考えていますので、よろしくお願いします。

代表幹事 安河内 聰

 

お知らせ

2017年9月22日
第20回エコーウィンターセミナーが、平成30年2月10日(土)~2月11日(日)の2日間、
松本において開催されます。